薬剤部 概要

【各診療施設、各部の紹介】

薬剤部では、患者さんに安心で安全な薬物療法を提供するために、医薬品に関わる全ての業務を行っています。薬剤師は、お薬の調剤や調製だけでなく、個々の患者さんに最適なお薬が適切な量とタイミングで処方されている事を確認しています。また、病棟やがんセンターでは患者さんへのお薬の説明や、患者さんの状態と検査値情報等を併せて治療効果や副作用の確認を行っています。これらの業務に加えて、医療スタッフへの医薬品の情報提供、学生や研修生の教育、さらには個別化医療を目的とした基礎や臨床研究を行っております。

基本方針

私たちは薬剤師の立場から、医療の実践、医療に係る教育・研究を推進し、地域の人々と健康の喜びを共有します。

  1. 安全で有効かつ高度な医療の実践に貢献します。
  2. 資質と探求心に優れた薬剤師を育成します。
  3. 地域薬剤師と連携し、質のよい地域医療環境の実現を目指します。

【業務内容】

調剤室
外来・入院処方の調剤、医薬品の在庫管理、外来・入院注射薬の個人渡し、麻酔薬セットなど

製剤室
院内製剤の調製・払出、外来および入院化学療法の調製、高カロリー輸液の調製など

医薬品情報管理室
医薬品情報の管理および提供など

試験研究室
TDM(Therapeutic Drug Monitoring) 業務、薬物動態および薬物感受性関連遺伝子の研究など

麻薬管理室
麻薬、向精神薬、毒薬等の保管管理

一般病棟業務室
病棟薬剤業務、薬剤管理指導業務、チーム医療への参画、病棟における持参薬管理業務など

重症病棟業務室
NICUおよび救命救急センター等における薬学的管理


【特徴的な医療機器等】

  • 医薬品情報検索システム
  • 病院情報データ検索/分析/活用ソリューション
  • 薬剤管理指導業務支援システム
  • がん化学療法レジメンチェックシステム
  • がん化学療法用注射薬調製室
  • 無菌調製室
  • 散薬・水薬調剤鑑査システム
  • 薬剤情報提供システム
  • 自動注射薬払い出しシステム
  • 麻薬管理システム
  • 医薬品ロット番号在庫管理システム
  • 薬物体内動態解析システム
  • 薬剤部専用イントラネットシステム
  • 部員室視聴覚システム
    • 患者の不利益回避を目的とする薬剤業務
    • NICUおよび救命救急センター等における薬学的管理
    • 薬学的管理による良質な薬物療法の提供
    • がん化学療法のレジメン管理と安全管理の実施
    • 安心安全医療のための医薬品情報管理と提供
    • 院内特殊製剤の調製と臨床評価
    • TDM解析と薬物の適正使用
    • 病院薬剤師会の拠点施設としての病薬連携および薬薬連携の実践
    • モデルコアカリキュラムに基づいた高度な薬学教育(実習)の実践
    • DMATへの参画をはじめとした災害医療への参加

【特色】

  • 患者の不利益回避を目的とする薬剤業務
  • NICUおよび救命救急センター等における薬学的管理
  • 薬学的管理による良質な薬物療法の提供
  • がん化学療法のレジメン管理と安全管理の実施
  • 安心安全医療のための医薬品情報管理と提供
  • 院内特殊製剤の調製と臨床評価
  • TDM解析と薬物の適正使用
  • 病院薬剤師会の拠点施設としての病薬連携および薬薬連携の実践
  • モデルコアカリキュラムに基づいた高度な薬学教育(実習)の実践
  • DMATへの参画をはじめとした災害医療への参加

【お問い合わせ先】

薬剤部薬務室 Tel:0859-38-6937