栄養部 概要

食事療養

  • 患者給食は、管理栄養士の管理のもと適時・適温配膳を行っています。治療食種は約180種類あり、それに加えて嚥下障害・食思不振・食物アレルギーなど個人対応も行っています。常食については選択メニューを実施しています。

栄養指導

  • 個人栄養指導(入院及び外来)

予約 : 平日9:00~、10:00~、11:00~、14:00~、15:00~、16:00~

ご希望の方は主治医へご相談下さい。

  • 集団栄養食事指導(入院及び外来)

糖尿病教室では、糖尿病教育チーム医療の一環として日本糖尿病療養指導士の資格を持つ
管理栄養士などで食事療法の話を担当し、月2回木曜日5Aカンファレンス室にて
開催しています。

チーム医療

  • NST(栄養サポートチーム)、褥瘡回診、心リハカンファレンス、糖尿病支援チームカンファレンス等、管理栄養士がチーム医療の中に関わることで、栄養改善や食生活の改善及び疾患の悪化予防につなげています。

その他

  • 病棟別に担当管理栄養士制とし、栄養管理を実施しています。また嗜好調査・残食調査などを通じて、おいしく喜んでいただける安全な食事の提供を心がけ、治療に貢献しています。
    健康な方も含め気軽に聞いて頂ける栄養についての講座教室をもうけ、疾病予防、疾病管理に役立てて頂いています。

特徴的な医療機器等

・温冷配膳車・立体式消毒保管機・クリーン調乳ユニット・調乳水製造装置・微酸性電解水製造装置
・生ゴミ処理機・全自動立体炊飯器

スタッフ

部長 : 山本 一博 第一内科教授(併任)
管理栄養士長 : 牧山 嘉見
主任管理栄養士 : 中山 奈都子
管理栄養士他 8名
資格 : 栄養サポート専門療法士5名、日本糖尿病療養指導士1名、健康運動指導士1名、日本在宅薬学会バイタルサインディレクター1名

山本教授
栄養部長 山本 一博

関連リンク

全国国立大学病院栄養部門会議ホームページ