医療の進歩と変化に対応できる看護を提供する

新人看護師 静脈血採血研修

4月23日(木)、24日(金)、新人看護師を対象に静脈血採血研修を行いました。事前の基礎知識をe-ラーニングで学んだ上で実施しました。日常業務のなかで行うことの多い採血ですが、患者さんへ針を刺すという侵襲的な検査です。駆血時間や針の選択、適切な検体スピッツの取り扱い、刺入の角度など様々な事に気を配り患者の苦痛が最小限になるよう、かつ、的確に採取することが必要です。演習に十分な時間をとり、一人一人が手技の練習を行いました。

※今年度はコロナウイルス感染防止対策として、研修会場入室前の体温チェック、健康調査、こまめな換気、1回の研修での参加人数を極力減らし隣の人と距離をあけるなど「3つの密(密閉・密集・密接)」をさけるよう努めました。

 採血  採血
 採血  採血