医療の進歩と変化に対応できる看護を提供する

2年目看護師対象「リフレクションで自己の看護をみつめよう」研修

令和元年9月18日(水)、2年目看護師を対象にリフレクション研修を開催しました。リフレクションとは経験したことを深く振り返り、自分の行ったことに意味づけをしていく過程のことです。リフレクションを行うことで、自己の行為を見つめ直し、その積み重ねは看護観へとつながっていきます。

2年目リフレクション  2年目リフレクション
保健学科奥田玲子先生より、リフレクションの必要性とプロセスの講義を受けました
 2年目リフレクション
自らの体験を他者へ話し、対話の中で
リフレクションを行いました

2年目リフレクション
グループワークで自己の傾向や今後の課題
を考えました