医療の進歩と変化に対応できる看護を提供する

ICU1(第一集中治療室)の取り組み報告 ~集中治療室から自宅退院へ向けた介入~

 ICUには、心臓リハビリテーション指導士の資格をもった看護師がいます。術後、心臓血管外科病棟と連携し、ICU看護師が患者さんと共にリハビリを実施、在宅へ訪問する取り組みを開始しました。ICUの看護師と共に急性期を乗り切った経験の共有は、患者さんの生きる、生活する上での励みになることを患者さんから学ぶことができます。訪問に行ったICUの看護師は、「ICUから在宅へ看護をつなげる重要性」を学ぶことができ他のスタッフと共有しています。
 今回、術後早期から心臓リハビリテーションを開始し、退院前・後訪問を行った事例をご紹介します。自宅訪問を実施し転倒予防と心不全コントロールの指導を行い、再入院の防止につながりました。

         4A退院前後訪問

            こちらをクリックで拡大