医療の進歩と変化に対応できる看護を提供する

静脈注射・静脈留置針 院内認定看護師育成研修

 毎年行われる、『静脈注射・静脈留置針 院内認定看護師育成研修』(後期編)が今年度も行われました。

静脈注射院内認定看護師育成研修

 平成30年1月19日(金)に行われた静脈注射研修では、薬剤のダブルチェックから、患者への声かけ、刺入時の注意点や滴下中の観察事項など、チェックリストを確認しながらシミュレータへの穿刺を行いました。穿刺後のテープ固定や抜針時の訓練も行い、一通りの流れを全員が体験しました。

静脈注射認定研修(後期)
血管への穿刺 

静脈注射認定研修(後期)
薬剤の確認 

            静脈注射認定研修(後期)
          滴下調整

 

静脈留置針院内認定看護師育成研修

 平成30年1月29日(月)~31日(水)には、静脈留置針研修を行いました。静脈注射で使用する翼状針は採血時に使用することもありますが、今回の留置針で使用する針は受講者にとって初めて使用する針であり、持ち方から戸惑っている方もいました。はじめに静脈留置針時の注意点(神経の走行、神経損傷時の対応など)やルート確保の手順などに関する講義を受け、デモンストレーションを見た後、全員が穿刺から抜去までの一連の手技を訓練しました。

留置針 
講義
 留置針認定
穿刺
 留置針認定
穿刺
 留置針認定
穿刺後の固定