医療の進歩と変化に対応できる看護を提供する

ベッドサイド手話コース研修(入門編)

 毎年、看護部では、ベッドサイド手話コース研修を開催しています。鳥取県では、平成25年に「鳥取県手話言語条例」を制定し、手話の普及と手話を使いやすい環境整備を推進しています。ベッドサイド手話コース研修は、看護師もろうあ者を取り巻く諸問題や歴史を学び、コミュニケーションツールの一つとして手話を学ぶ必要があると考え企画しています。この研修で学んだ内容を、少しでも現場で活かしていくために頑張っています。

手話コース研修画像の拡大はここをクリック