医療の進歩と変化に対応できる看護を提供する

第10回 鳥取県実践が生きる看護診断研究会

 平成29年11月25日(土)、鳥取看護大学シグナスホールの会場で、『看護診断でケアをつなぐ ~その人を支え続けるために~』をテーマとして「第10回鳥取県実践が活きる看護診断研究会」が開催されました。
 教育講演には看護診断研究会代表 黒田裕子先生をお招きし「実践が活きる看護診断」と題してご講演いただきました。研究発表は口演12題(そのうち当院7題)、示説12題(そのうち当院7題)で、各施設の演題発表をもとに意見交換をし、360名の参加者が看護診断についての学びを深めました。 

  看護診断研究会  看護診断研究会