医療の進歩と変化に対応できる看護を提供する

病棟8階Aの取り組み ~STOP転倒バッジ~

 病棟8階Aでは今年度新たな取り組みとして、病棟独自の『STOP転倒バッジ』を作成し、転倒予防に取り組んでいます。看護師がこのバッジを着けて業務をすることで、看護師が患者さんへの転倒注意を意識しながら業務を行うことはもちろん、患者さんも自分自身の転倒注意を意識しながら入院生活を送っていただけるようにとの思いを込めて、このバッジを作成しました。実際に、患者さんから、看護師がつけているバッジを見て、転倒に気をつけなければと意識するようになったと嬉しいお言葉もいただきました。

8A転倒バッジ4種類のデザインがあり、自分で気に入ったものを選んでスタッフは身に着けています

 

転倒件数読み合わせ毎朝の申し送りで『転倒・転落発生件数』の確認をし、転倒・転落予防への意識づけを行っています。

 

        8A転倒バッジ パンフレット
このような、転倒呼びかけパンフレットを作成し、危険度の高い患者さんへ説明したり病室に掲示したりし、注意を呼びかけています。(パンフレット拡大:ここをクリック