医療の進歩と変化に対応できる看護を提供する

アピアランス(見た目)相談外来

 皆さんは、アピアランス、アピアランスケアという言葉を聞いたことがあるでしょうか。アピアランスとは広く『見た目、外見』を意味する言葉で、アピアランスケアは『見た目、外見』の問題、悩みを抱える患者さんへの支援を意味します。
 外見の変化を見るたびに病気である自分と向き合い辛い日々を過ごす患者さんやご家族は、心理的な苦痛だけでなく、人間関係や仕事をするうえでも社会的な苦痛を感じておられます。その人らしく、社会と繋がって過ごすことが治療を継続するためのモチベーション維持にも大きく影響することがわかり、その中でも見た目のケアが重要である言われています。そこで、アピアランス相談外来を開設し、病気や治療によって生じた脱毛・爪・皮膚の障害や身体の一部を失ったり、変形などの『見た目』アピアランス問題で苦悩する患者さんへのケアを乳がん看護認定看護師、がん看護専門看護師が行います。患者さんからゆっくりとお話を伺い、患者さんが抱えておられる見た目の問題は何かを明確にし、どのような対処や支援が必要かを患者さんと共に考えていける外来をめざします。

アピアランス外来 

            【アピアランス相談外来】

相談日:毎週月・火・金曜日  8時30分~17時
場所:胸部外科乳腺外科外来(0859-38-6732)事前予約制
現在は、当院に通院されている患者さんを対象としています。
面談は事前連絡が必要です。まずは、胸部外科乳腺内分泌外科外来にお問い
 合わせ下さい。