医療の進歩と変化に対応できる看護を提供する

看護部の活動

2019年度 看護部委員会・看護部会議

委員会名 目的
 看護記録改善委員会

 事例をもとに看護過程を追求する。効率的な記録、法的根拠に則った記録を検討する。

 看護サービス委員会

 看護業務の改善を図る。看護基準・手順、マニュアル整備。職場環境改善。

 人材育成推進委員会

1.看護実践能力ごとの学習支援を行い、専門知識技術力を養う。

2.実践に活かすことができる人材育成を行う。 

 看護部倫理委員会 看護実践における倫理的問題を検討する。
 臨地実習検討委員会 保健学科との協同により、大学病院に相応しい次世代看護職の育成を推進する。

  入退院支援委員会

外来および退院支援に関する看護の役割を強化する。退院調整部門だけでなく、病棟・外来における退院支援の機能強化を図る。

  看護部感染対策委員会

臨床現場における感染予防の対策検討及び再発防止策の検討。

 

会議名  目的
看護師長会 看護部内の決議機関。病院の決定事項の伝達報告の場。
スポット師長会 迅速な対応を必要とする師長の情報共有の決定。
看護部安全管理会議 医療安全に関する情報共有、検討、対策を見いだす。
看護部経営・質評価会議

1.病院・看護部経営に関するデータと看護の質に関するデータを討議し、経営および看護の質向上に向けた対策を見出し提案する。

2.DiNQLデータによるベンチマークにより問題・解決策を見出す。

看護研究コンサルテーション

 看護研究計画書におけるコンサルテーション、医学部倫理審査提出までの支援を行う。
急性期・周術期管理検討会

 急性期・周手術期における適切な環境整備と良質な看護ケア提供のための検討

教育支援室連絡会

 看護職員の育成状況の確認、教育体制の評価、修正を行う。

ティーチングナース会  ティーチングナースの活動を円滑に担うための役割・業務内容を検討し改善を図る
看護部メディカルクラーク会

 メディカルクラークの業務に関する事項の協議・決定および必要な知識の修得

看護助手会 

 看護助手の業務に関する事項の協議・決定と看護補助業務のスキルアップをはかる(5月全体会・7月(研修)・9月(リーダー会)・11月(研修)・12月(研修)・3月全体会)

 

男性看護師会

男性看護師は、今年度82名(2019年4月現在)となり、全看護職員の9.6を占めます。ICUや救命救急センター、手術室といった専門的分野から、一般病棟ほぼすべてに配置しています。平成22年度から看護部メンズNS会を発足。将来のマグネットホスピタルのモデル病院を目指し、看護部の組織的な活動に参画しながら、男性看護師にとって魅力的な職場作りを目指しています。また、H23年度より山陰男性看護師会を発足、毎年情報交換会を開催しています。

男性看護師
当院の男性看護師です

第1回山陰男性看護師情報交換会
第1回山陰男性看護師情報交換会

第2回男性看護師情報交換会

第2回山陰男性看護師情報交換会
道又先生を講師に迎え、「根拠に基づいた看護を実践しようー自信をもって看護を実践するためにー」というテーマで講演をお聞きしました。男性看護師のモチベーションの向上に繋がりました。

第2回男性看護師情報交換会3

意見交換会の様子です

 

2019年度 リンクナース会

リンクナース会名 活動内容
医療安全リンクナース会 ・現場の事故防止対策を把握し、医療安全推進活動を実践する
スキンケアリンクナース会 ・褥瘡対策の方針を現場に周知徹底する
・自部署の特殊性を理解し褥瘡対策の実践モデルとして褥瘡ケアを実施する
糖尿看護リンクナース会 ・薬物療法・血糖測定、フットケアに関する知識・技術を持ち患者およびスタッフへ指導する
・糖尿病に関連したインシデントをもとに自部署の対策を考え
がん看護リンクナース会 ・がん看護の知識を習得し、自部署でリーダーシップを発揮しがん看護を実践しモデル役割を果たす
・緩和ケアチームと連携し、がん患者・家族の看護問題解決を図る

RST・RRSリンクナース会

・呼吸器系看護の知識を習得し自部署での実践モデルとして看護を実践できる
・呼吸サポートチームの介入が必要な患者を主治医に相談し、RSTと連携し人工呼吸器使用患者・家族の看護問題解決を図る

摂食・嚥下リンクナース会

(NSTを兼務)

 嚥下機能の適切な評価を行い、患者に合ったケアを提供することで、患者の摂食嚥下機能向上を検討する。