医療技術の開発・応用を目指し、
地域の人々と健康の喜びを共有します。

トップ > 診療科・診療施設部のご案内 > 診療施設部のご案内 > 看護部 > 病棟紹介 > 病棟3階C 【新生児集中治療室(NICU)、新生児室(GCU)】

医療の進歩と変化に対応できる看護を提供する

病棟3階C 【新生児集中治療室(NICU)、新生児室(GCU)】

新生児医療センター
お問い合わせ:0859(38)6919

ward3b_1

看護師長:渡邊 仁美(わたなべ ひろみ)
 

病棟3階Cは、県内唯一の総合周産期母子医療センターの新生児部門です。平成2410月に移転増床し現在は新生児集中治療室(NICU)12床、新生児回復治療室(GCU)15床の計27床を有しています。鳥取県全域・島根県東部・兵庫県西部で出生された、他の施設では充分な医療を提供できない新生児を24時間体制で受け入れ最新の医療を提供し、この地域の新生児医療の基幹施設の役割を担っています。年間の入院数は約300名弱であり1000g未満の超低出生体重児に代表される早産児や重症仮死、様々な先天的な疾患をもった赤ちゃんなどが入院されます.

現在文部科学省の周産期支援プログラムに鳥取大学総合周産期母子医療センターが選定され「周産期スタッフの教育・養成」「周産期医療にかかわる女性スタッフの継続支援・職場復帰支援」の2つの柱の活動を通して、鳥取県の周産期医療がさらに活性化するよう取り組んでいます。

看護スタッフは専門チームにわかれ母乳支援、ディベロップメンタルケア(発達発育のためのケア)などに取り組み、医師、臨床心理士、MSW、保育士、地域の保健師と連携し他種職のスタッフとともにチーム医療を展開しています。安全で安心な医療を提供するためにMFICUと連携し、新生児とそのご家族が安心できる看護を提供することに努めています。

3Cスタッフ
ward3c_2
新生児集中ケア認定看護師によるケア指導
3C写真
ベッドサイドカンファレンス
ward3c_4
後輩へ沐浴指導
ward3c_5