超音波室 概要

循環器内科、内分泌代謝内科(第一内科)

心臓超音波では、最新の機器を駆使して心臓の収縮能や拡張能、壁運動異常、弁膜症、短絡疾患の有無などの評価を行っております。循環器疾患の患者のみでなく、手術を控えている方や多くの合併症を抱えている方の心機能評価も幅広く行っています。
また、症例によっては薬剤や運動負荷心エコーにて、虚血性心疾患のスクリーニングや弁膜症の重症度評価を行っています。さらに経食道心エコーでは、弁の性状を詳細に評価したり、心内血栓の有無を検索し心原性脳塞栓症の予防、治療方針決定に用いています。

甲状腺超音波検査は、甲状腺機能低下症、甲状腺中毒症、甲状腺結節性病変にとどまらず、甲状腺近傍に存在しうる副甲状腺腫瘍やリンパ節転移などの精査が必要な方に対して実施しています。Bモードに加えて血流評価や組織弾性評価が可能な超音波機器を用いることで、正確な診断を可能としています。通常検査で悪性所見を伴う甲状腺結節性病変を認めた場合には、超音波ガイド下に穿刺吸引細胞診を実施しています。甲状腺嚢胞に対しては、有症候性の場合に経皮的エタノール注入療法(PEIT)を実施可能です。                                                  当科においては、甲状腺及び副甲状腺領域の検査に加え、専門医療機関として専門医や専門検査技師の育成に力を入れています。

 

消化器内科、腎臓内科(第二内科)

腹部領域疾患のスクリーニング検査のほかに、慢性肝疾患患者に対する肝癌早期発見のための定期検査を主に行っています。また、最新のカラードップラー装置、造影超音波装置の導入により各臓器の機能診断が可能となり、特に造影超音波検査は腫瘍の鑑別診断、治療効果判定に応用されています。また、マイクロ波凝固装置、ラジオ波凝固装置によって肝癌の治療、消化管出血の止血等を行っています。内視鏡検査との組み合わせで超音波内視鏡検査も行っており、消化器癌の深達度診断、鑑別診断、さらに膵臓疾患の診断に超音波内視鏡下の針生検も増加しており、早期膵がんの診断に役立てています。
鳥取県西部腹部超音波研究会を、大学、医師会を中心に行い、新しい超音波診断の普及、若手医師、技師の教育育成にも力を入れています。

頭頸部外科エコー(耳鼻咽喉科・頭頚部外科)

火曜日と木曜日の午前枠において、頭頸部腫瘍や感染性疾患などを対象とした検査や治療、および頸部スクリーニング検査を行っております。
頭頸部腫瘍においては、Bモードエコー所見に、ドップラーやエラストグラフィーを組み合わせることにより、術前評価・術後のフォローを高い精度と小さな侵襲で行うことが出来ます。
甲状腺疾患においては、診断から、細胞診、術式の決定まで行います。主な対象は手術加療を必要とする甲状腺腫瘍、副甲状腺腫瘍、甲状腺機能性結節やバセドウ病などです。橋本病や悪性リンパ腫の診断(と加療)も行っています。火曜日は甲状腺外来と並列で行っており、外来受診日に精査が可能です。また、甲状腺嚢胞などを対象に、経皮的エタノール注入療法(PEIT)も行っております。
他臓器原発悪性腫瘍による頸部リンパ節転移を疑う症例においても精査し、必要な場合にはエコー下に穿刺吸引細胞診(FNAB)を施行し診断します。
悪性リンパ腫の診断、再発診断にもエコーは有用です。必要なときは、エコー下穿刺による組織診を行ったり、生検の手術を予定したりします。
頸部のリンパ管腫に対してのOK-432の注入療法も行っております。
自己免疫性の唾液腺疾患などのエコー診断も行います。

小児科

小児科では、対象疾患として先天性心疾患、不整脈、川崎病関連冠動脈障害、成人先天性心疾患、その他に学校検診、乳児検診などで心電図や心雑音等の異常を指摘された患者の精密検査を行っています。また当院の総合周産期母子医療センター新生児集中治療部門(NICU)にて新生児専門医、産科医とともに胎児・新生児心疾患の診療にも当たっています。そのため、小児科の心臓超音波検査では先天性心疾患の診断や治療の方針決定、手術症例では術後のフォローアップ、冠動脈異常の評価などを行うこと、また必要に応じて手術施設や近隣各医療施設に対する情報提供を行うことを目的としています。

検査部

超音波検査は、心臓・腹部・甲状腺・血管(頸動脈、腎動脈、下肢動脈、下肢静脈)領域に大別され、生理機能検査部門の検査技師が心臓領域に4名、腹部領域に6名、甲状腺に4名、血管領域に7名が交代で従事しています。従事している技師は日本超音波医学会をはじめ日本超音波検査学会、日本心エコー図学会などに所属し、各学会や研修会に積極的に参加しています。超音波検査士の取得者は現在6名おり、複数領域取得者もいます。

平成25年度より下肢動脈エコー、腎動脈エコーを開始しました。また、平成27年度よりTAVI(経カテーテル的大動脈弁植込み術)にTAVIハートチームの一員として技師も入っています。
超音波件数は年々増加しており、特に心エコー、血管エコーの依頼が増加しています。予約制を基本としていますが、当日依頼にも可能な限り対応しています。

平成28年度超音波件数

  心エコー  腹部エコー 頸動脈エコー 甲状腺エコー 下肢静脈エコー 下肢動脈エコー 腎動脈エコー 肝硬度測定
H28.4 430 392 78 131 120 7 5 97 1260
     .5 399 358 78 139 93 4 2 80 1153
     .6 505 458 83 137 109 6 4 94 1396
     .7 408 333 74 123 106 11 1 62 1118
     .8 484 310 64 150 114 10 3 64 1199
     .9 412  350  82  136  84  7  2  63  1136 
     .10 405  417  71  129  109  8  1  67  1207 
     .11 407  348  76  161  102  8  0  54  1156 
     .12 430  386  83  147  97  5  0  65  1213 
H29.1 390  321  66  144  104  3  1  45  1074 
     .2 433  379  68  133  113  12  1  53  1192 
     .3 515  388  78  154  103  8  4  51  1301 
合計 5218  4440  901  1684  1254  89  24  795  14405 

 

平成27年度超音波件数

 

  心エコー  腹部エコー 頸動脈エコー 甲状腺エコー 下肢静脈エコー 下肢動脈エコー 腎動脈エコー 肝硬度測定
H27.4 457 419 92 132 113 7 6 64 1290
     .5 362 334 71 133 86 3 6 60 1055
     .6 465 446 107 175 110 10 2 78 1393
     .7 452 427 92 153 106 7 2 72 1311
     .8 429 354 73 147 98 5 5 59 1170
     .9 349 343 78 134 77 4 6 55 1046
     .10 412 376 72 137 104 6 2 75 1184
     .11 368 321 73 132 109 8 2 64 1077
     .12 399 387 74 152 96 6 3 77 1194
H28.1 388 365 68 123 106 9 3 98 1160
     .2 395 365 66 126 118 8 2 95 1175
     .3 479 430 88 171 112 5 5 123 1413
合計 4955 4567 954 1715 1235 78 44 920 14468

 

 

平成26年度超音波件数

  心エコー 腹部エコー 頸動脈エコー 甲状腺エコー 下肢静脈エコー 下肢動脈エコー 腎動脈エコー 肝硬度測定
H26.4 400 338 84 122 93 4 7 61 1109
     .5 341 291 73 110 72 4 6 46 943
     .6 384 371 73 141 85 3 3 34 1094
     .7 411 400 80 142 125 5 2 51 1216
     .8 393 321 82 125 110 2 8 30 1071
     .9 361 396 79 127 86 7 2 30 1088
     .10 430 394 86 128 115 8 3 46 1210
     .11 363 350 81 129 78 7 6 60 1074
     .12 383 391 76 144 83 5 6 53 1141
H27.1 386 325 78 120 96 8 5 69 1087
     .2 358 358 66 120 99 2 6 77 1086
     .3 400 490 81 158 109 5 9 90 1342
合計 4610 4425 939 1566 1151 60 63 647 13461

平成25年度超音波件数

  心エコー  腹部エコー 頸動脈エコー 甲状腺エコー 下肢静脈エコー 下肢動脈エコー 腎動脈エコー 肝硬度測定
H25.4 352 369 88 134 96       1039
   .5 393 371 86 123 90       1063
   .6 337 371 75 121 90       994
   .7 367 380 85 133 98 4 7 7 1081
   .8 398 317 100 120 106 7 1 6 1055
   .9 342 375 83 103 91 4 4 33 1035
   .10 386 432 100 144 101 7 6 36 1212
   .11 328 356 81 125 74 2 4 32 1002
   .12 338 320 83 141 87 3 5 40 1017
H26.1 340 304 68 118 82 5 4 53 974
   .2 341 340 81 128 91 4 6 66 1057
   .3 362 382 75 117 87 3 8 51 1085
合計 4284 4317 1005 1507 1093 39 45 324 12614

平成24年度超音波件数

  

心エコー  腹部エコー 頸動脈エコー 甲状腺エコー 下肢静脈エコー    計
H24.4 265 280 84 97 96 822
      .5 304 339 65 132 103 943
      .6 300 319 81 137 90 927
      .7 278 370 68 111 91 918
      .8 329 330 81 127 105 972
      .9 280 366 74 117 73 910
      .10 305 327 81 142 107 962
      .11 275 342 69 109 94 889
      .12 277 308 72 130 96 883
H25.1 278 340 69 111 89 887
      .2 277 359 66 134 94 930
      .3 326 363 82 127 84 982
合計 3494 4043 892 1474 1122 11025

平成23年度超音波件数

  心エコー  腹部エコー 頸動脈エコー 甲状腺エコー 下肢静脈エコー    計
H23.4 236 344 65 109 70 824
      .5 214 269 59 103 71 716
      .6 309 336 63 116 77 901
      .7 207 308 76 101 83 775
      .8 271 304 71 133 95 874
      .9 265 401 58 99 78 901
      .10 220 350 65 93 93 821
      .11 160 304 64 110 73 711
      .12 218 338 63 111 81 811
H24.1 196 303 66 87 101 753
      .2 240 339 66 91 95 831
      .3 271 405 68 110 73 927
合計 2807 4001 784 1263 990 9845

平成22年度超音波件数

  心エコー  腹部エコー 頸動脈エコー 甲状腺エコー 下肢静脈エコー    計
H22.4 249 314 53 100 33 749
      .5 276 266 51 97 36 726
      .6 269 351 60 108 53 841
      .7 249 327 67 120 69 832
      .8 301 315 66 124 73 879
      .9 258 340 60 86 64 808
      .10 224 296 59 107 59 745
      .11 200 356 52 101 49 758
      .12 204 293 56 115 59 727
H23.1 220 274 61 76 77 708
      .2 216 321 58 96 63 754
      .3 264 392 74 113 72 915
合計 2930 3845 717 1243 707 9442


使用科・部門:消化器内科、循環器内科、内分泌・代謝内科、小児科、耳鼻咽喉科・頭頚部外科、心臓血管外科、乳腺内分泌外科、皮膚科、検査部