両立サポート 仕事と子育て・介護などの
両立に役立つサポート情報。

病児保育の情報

お子様が病気になって保育園等に行くことができないとき、
仕事を休んでそばについていてあげたいけど、どうしても休めない・・・
そんなときには、病気のお子様の症状を見ながらお預かりする
病児保育をご利用ください。
当院の病児保育の他に、米子市の病児保育施設もご紹介しています。
米子市の施設では、普段お子様を別の保育園等に預けていても、病気のときだけご利用になれます。
いずれも事前登録が必要です。詳しくは各HPをご確認ください。

▼鳥取大学の支援
附属病院病児保育室「とりっこハウス」

附属病院の診療業務に従事する職員の子、0歳児(生後43日以降)~小学校4年生までのお子様を対象としています。
専従の看護師、保育士で看護、保育を行っています。職場のすぐ近くなので、保護者の方に安心して働いていただけます。
まずは利用者の事前登録が必要です。 
また実際の利用時には医師の事前診察(かかりつけ医または本院受診)が必要です。 (使いたい(申請))
事前登録・利用については、ワークライフバランス支援センター(8:30~17:00、内線:6868)までお問い合わせください。

・定員:4室最大6名(ただし、預かる感染症の種類によって少なくなる場合があります。)
・開室日:月曜日~金曜日(ただし、祝祭日と12月29日~1月3日は除く)
・保育時間:午前7時30分~午後6時00分)※延長はありません。
・利用料金:1人 3,000円/回(おやつ代込み)
 ※別途料金・・・布団レンタル代(150円)・昼食代(260円、小学生は300円)

とりっこハウス外観 とりっこハウス内観.

 

2019年9月より、病児保育室ご利用時の一時駐車場をより分かりやすくするため、送迎スペースの駐車枠を新たに表示いたしました。

病児保育室送迎スペース(全体) 病児保育室送迎スペース1

 


 

▼その他の支援
病児看護センター
ベアーズデイサービス

米子市榎原の保育園ベアーズならびに谷本こどもクリニックに隣接しており、 食事、水分の補給も1人1人に合わせて適宜提供するなど、専従の看護師、保育士によるきめ細かい看護・保育を行っています。 はしか、みずぼうそう、おたふくかぜなどのうつる病気でも預かっています。 米子市・日吉津村・南部町・伯耆町・大山町・江府町にお住まいのご家庭のお子様にご利用いただけます。
 

病児保育室ペンギンハウス

米子市西福原のせぐち小児科の敷地内にあり、専従の看護師、保育士で看護、保育を行っています。掲示板にご利用になったお子様の写真を掲示したり、オープンハウスとして保護者向けの施設内見学を行ったり、あたたかい心配りがされています。米子市・大山町・日吉津村にお住まいのご家庭のお子様にご利用いただけます。

病児保育かるがも

米子市両三柳の博愛病院の病児保育です。お子さまが体調不良の時、保護者に代わって適切にケアと保育を行います。病状は安定しているが熱があったり病気の治りかけで保育園・幼稚園等に通うことができない場合に、保護者の方がお仕事の都合などで家庭での保育ができない場合にご利用できます。病状把握のため博愛病院・西館旧小児科外来隣の博愛こども発達・在宅支援クリニックで診察を受けていただきます。米子市・日吉津村・伯耆町・南部町・江府町・大山町にお住まいのご家庭のお子様にご利用いただけます。

ナーシング コア コーポレーション わたしの看護婦さん

米子市にある、病児シッターサービスで看護師または、保育サポータによる家庭での看病や見守り、病院への受診を行います。また急な怪我や、発熱などで、すぐにお迎えにいけないときなど、急な対応が必要な場合でも電話一本で専門のスタッフがお迎えに行きます。事前に会員登録が必要となります。

米子市内病児保育施設利用状況

米子市内病児保育施設(病児看護センターベアーズデイサービス、病児保育室ペンギンハウス、博愛病院 病児保育かるがも)の利用状況をご覧いただけます。

※上記の「その他の支援」の情報は、いずれも令和元年10月現在のものです。
仕事と子育ての両立の一助として、参考にしてください。
詳しい情報や最新の情報につきましては、各HPをご覧いただくか、
直接各窓口までお問い合わせください。




両立サポート