Contents
鳥取大学医学部附属病院
〒683-8504
米子市西町36番地1
■TEL:内線6868または6991
■FAX:内線6869
■E-mail:
wlb-tomorrow@med.tottori-u.ac.jp



トップ > 新着情報 > 対人援助職に効く「心の免疫力を高める話」を開催しました!

対人援助職に効く「心の免疫力を高める話」を開催しました!

平成29年12月5日(火)、17時30分から第二中診療棟2階会議室2にて

ストレス対処セミナー(セルフケア実践)『対人援助職に効く 心の免疫力を高める話』を開催しました。

臨床心理学専攻 講師 臨床心理士/専門行動療法士 竹田 伸也 氏より心の免疫力を高める6つのチカラのうち以下の4つの内容について実践を交え、お話いただきました。

・ストレスの原因との関わり方を変える

・ストレスサインを知る

・充電レパートリーを増やす

・リラクセイションを身につける

 

H29.12.5セルフケア実践   H29.12.5セルフケア実践2

参加者からは、

「ストレスも人生のスパイスだということが印象に残りました」

「“充電レパートリーを増やす”に強く印象を感じました。ストレス逃しの参考になった」

「対人援助職にとって、セルフケアは業務ひとつ、ととらえること」

「ストレスについての話だけでなく、対処法も学ぶことができ良かった」

「早起き自然寝を実践していきたい」

「リラクセイションの実践編があってよかった。すごく気持ちよかった」

等のたくさんの意見がありました。

ストレスは、いろんな病気に繋がるので溜まる前に対処することが大切だが、適度なストレスは、良いストレスとして生活に潤いをもたらし生産性を上げてくれるので、ストレスを完全になくすのではなく、上手に付き合うことが重要ということがわかりました。

最後のリラクセイション方法の実践は、「気持ち良い」「スッと力が抜けた」という声が多くあり、日常にストレス対処法を取り入れる良いきっかけに繋がりました。

H29.12.5セルフケア実践3   H29.12.5 セルフケア実践4