• 新着情報
  • 低侵襲外科センターの概要
    • センター長あいさつ
    • 特徴
    • 各スタッフの役割
    • 合同カンファレンスの取り組み
    • 手術室について
    • 臨床実績
    • 研究業績
  • 手術の概要
    • ダヴィンチ手術
    • 総論
    • Siについて
    • 内視鏡トレーニングセンター
  • 対象疾患と各実績
    • 胃がん
    • 直腸がん
    • 前立腺がん
    • 腎臓がん
    • 膀胱がん
    • 子宮筋腫
    • 子宮腫瘍
    • 胸腺疾患
    • 肺がん
    • 後縦隔腫瘍
    • 咽頭がん
  • da Vinci手術症例 見学のご案内
  • 他大学出身の皆様へ

対象疾患と各実績

直腸がん

直腸がん(ロボット支援下直腸癌手術)の概要について、ご説明します。
直腸がん(ロボット支援下直腸癌手術)
適応
  • 直腸癌
術式の概要

ここで掲載している動画は、実際の手術映像となります。このような動画や写真で、気分が悪くなる可能性のある方は、お気をつけください。

直腸を後腹膜から剥離した後に下行結腸を栄養している血管を温存しつつ、周囲のリンパ組織を切除しています。画面のブレもなく、安定した操作が可能で、リンパ組織もきれいに切除できています。骨盤内では自律神経が直腸間膜に沿って走行しているため、これを損傷しないように丁寧に剥離を行っています。ここでも安定した3D画像とロボットによる繊細な操作により確実な神経温存が可能となります。出血もほとんどありません。剥離を十分行った後に、直腸を切離します。直腸切離後、骨盤内には自律神経が確実に温存されています。

  • 腹部に6カ所の穴をあけてロボットアームを装着。
  • 直腸を養っている血管を切離し、周囲のリンパ節を含めて直腸を剥離(リンパ節郭清)。
  • 直腸周囲の神経を温存しながら骨盤内から剥離し、直腸を切離。ここまでをロボット支援下に行う。以降は腹腔鏡下に行う。
  • 臍に4~5cm の小切開を置いて癌部を摘出。
  • 腹腔鏡下に吻合。
長所・患者のメリット

ロボット手術はぶれのない3D画像で深部感覚に優れており、スケーリング機能、手ぶれ防止、多関節機能により、狭い骨盤内でも繊細な手術操作が可能となります。それにより、骨盤内の神経損傷が最小限におさえることが可能になると考えられます。そのことが直腸癌手術の合併症である排尿障害、性機能障害を最小限にとどめることにつながると思われます。また、直腸周囲の膜を傷つけないで膜にくるんだ状態で癌組織を摘出することで癌の根治性を高められる可能性もあります。

当科の特徴

より肛門に近い癌に対して積極的に肛門温存手術に取り組んでいます。また排尿機能、性機能については泌尿器科と協力して診療にあたっています。

実績
  • 平成26年7月までの実績:22件