• 新着情報
  • 低侵襲外科センターの概要
    • センター長あいさつ
    • 特徴
    • 各スタッフの役割
    • 合同カンファレンスの取り組み
    • 手術室について
    • 臨床実績
    • 研究業績
  • 手術の概要
    • ダヴィンチ手術
    • 総論
    • Siについて
    • 内視鏡トレーニングセンター
  • 対象疾患と各実績
    • 胃がん
    • 直腸がん
    • 前立腺がん
    • 腎臓がん
    • 膀胱がん
    • 子宮筋腫
    • 子宮腫瘍
    • 胸腺疾患
    • 肺がん
    • 後縦隔腫瘍
    • 咽頭がん
  • da Vinci手術症例 見学のご案内
  • 他大学出身の皆様へ

低侵襲外科センターの概要

低侵襲外科センターの特徴

低侵襲外科センターは、外科系各診療科の壁を越えて低侵襲手術の技術向上と教育を主な目的として設置しました。
組織図 泌尿器科 女性診療科 胸部外科 消化器外科 心臓血管外科 頭頸部外科
業務
  • 【医療安全】
     資格審査、手術内容の評価及び訓練に関すること
  • 【先端医療】
     手術機器及び手術方法の開発に関すること
  • 【臨床・基礎研究】
     学術研究・教育・出版に関すること

ダヴィンチ使用手術に関する内規を制定
  • センターが術者を承認し、病院が術者の技術を担保する
  • センターが術式を承認し、病院が手術の安全を担保する。
    ※手術中止条件を明確にすることで患者さんの安全を確保する。
ダヴィンチ手術手技検討会の開催
  • 参加者はダヴィンチ手術に興味のある人、診療科、部署、職種を問わない。
  • すべての症例を映像で確認する。
  • 海外での症例見学を必須とし、症例見学を報告する。
    ※ダヴィンチ手術の内容を全科で相互評価し手術の質を担保する。