• 新着情報
  • 低侵襲外科センターの概要
    • センター長あいさつ
    • 特徴
    • 各スタッフの役割
    • 合同カンファレンスの取り組み
    • 手術室について
    • 臨床実績
    • 研究業績
  • 手術の概要
    • ダヴィンチ手術
    • 総論
    • Siについて
    • 内視鏡トレーニングセンター
  • 対象疾患と各実績
    • 胃がん
    • 直腸がん
    • 前立腺がん
    • 腎臓がん
    • 膀胱がん
    • 子宮筋腫
    • 子宮腫瘍
    • 胸腺疾患
    • 肺がん
    • 後縦隔腫瘍
    • 咽頭がん
  • da Vinci手術症例 見学のご案内
  • 他大学出身の皆様へ

低侵襲外科センターの概要

手術室について

最先端医療で病気やけがを治療、そして心の癒し空間を意識して新手術室を増室しました

鳥取大学医学部附属病院では、時代のニーズに応じた「人にやさしい先端的医療」を取り入れ、高度な医療を安心して受けられる病院としての責務を果たせるよう、最先端医療に対応した新しい施設環境の改善を目指した取り組みを続けています。
この度、ロボット支援手術やハイブリット手術といった最先端医療を含め、進化する手術技術や環境に柔軟に対応した新しいコンセプトの手術室を3室増室しました。
これらの手術室では、最先端医療で患者さんを治療するだけでなく、患者さんが安らぎを感じ、緊張感を和らげて手術室に入室していただけるような工夫を凝らしました。また、各手術室に鳥取県の自然のすばらしさを取り入れ、今までの手術室のイメージを一新した手術室となっています。

エントランス~前室

安らぎを感じて、緊張感を和らげて手術室に入室していただくためにホテルのエントランスをイメージしました。

  • 木目調の壁
  • 間接照明
  • 採光性を最大限活かした窓を設置しました。
  • 窓からは中海の景色を一望できます。
手術室 1
第15手術室

国内最大級のロボット支援手術専用室

  • 内装は日本海をイメージしたブルー
  • 見学室を併設したロボット支援手術専用室(国内初)
  • 面積 98㎡(国内最大級)
  • シーリングシステムに組み込んだ4枚の32型3D対応モニター
  • 3D対応70インチの壁掛けモニター(2枚)
  • 85インチのワイドスクリーン(オーダーメード)
  • 大規模災害時には2列同時手術も可能
  • 入室時大きな窓は、シアターとなり、癒しを感じる映像をみながらリラックスして入室できます。
手術室 2
第16手術室

米子市のシンボル「大山」や心和らぐ「レンゲ草」をイメージして

  • 内視鏡外科手術及ロボット手術対応手術室
  • 内装は大山をイメージしてグリーン
  • 大山やレンゲ草のアートパネルを360°壁面の上部に展開
  • 面積 83㎡
  • シーリングシステムに組み込んだ4枚の32型モニター
  • 3D対応60インチの壁掛けモニター(2枚)
手術室 3
第17手術室

将来はハイブリッド手術対応可能

  • ハイブリッド手術室へ対応可能な壁・床・天井の仕様とし、透視装置の操作室を設置。
    ※ハイブリッド手術室とは「高性能な透視装置と手術台を設置し,血管内治療に対応した手術室」
  • 内装は鳥取砂丘をイメージしたイエロー
  • 面積 50㎡
手術室 4
各部屋共通
LEDライティングシステム
  • LEDフラッターパネルを採用
  • 患者さんの入室時、内視鏡下の手術時等シーンに合わせてライトの色を最適に調整します。
手術室 5
新空調システム
  • 輻射式空調システム室内の導入
  • 内装面(壁、天井)を積極的に冷やしたり、温めたりすることで温度管理を行います。
  • 室内温度のバラつき、異なった気流によるストレスを解消し患者さんにとって快適な室内環境を実現します。