• 新着情報
  • 低侵襲外科センターの概要
    • センター長あいさつ
    • 特徴
    • 各スタッフの役割
    • 合同カンファレンスの取り組み
    • 手術室について
    • 臨床実績
    • 研究業績
  • 手術の概要
    • ダヴィンチ手術
    • 総論
    • Siについて
    • 内視鏡トレーニングセンター
  • 対象疾患と各実績
    • 胃がん
    • 直腸がん
    • 前立腺がん
    • 腎臓がん
    • 膀胱がん
    • 子宮筋腫
    • 子宮腫瘍
    • 胸腺疾患
    • 肺がん
    • 後縦隔腫瘍
    • 咽頭がん
  • da Vinci手術症例 見学のご案内
  • 他大学出身の皆様へ

新着情報

ダヴィンチ手術500症例達成

西日本の国立大学病院で初めて、ダヴィンチ手術500症例を達成しました。

低侵襲外科センターでは、2010年に内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」を導入以来、複数の診療科により着実に診療実績を積み上げてきた結果、このたび、ダヴィンチ手術500症例を達成いたしました。現在500例を超えた国立大学病院は鳥取大学医学部附属病院と名古屋大学病院だけです。

本センターでは、外科系の診療科の壁を越えて低侵襲手術の技術向上を図ってまいりました。このような組織横断的な診療体制により500例を安全に行うことができたと考えております。

ダビンチ手術500症例記念
ロボット支援手術500症例記念の盾とプレート