診療内容

胆のうがん

胆のうがん

対応可能な診療科

特徴のある診療(診断・治療)

癌の進行度により様々な手術の術式があります。
■胆嚢摘出術
早期の胆嚢癌であれば、胆嚢摘出術のみで充分に根治できます。
腹腔鏡下の胆嚢摘出術は一般的には適応とはなりません。

■拡大胆嚢摘出術
少し進行した癌に対する手術です。
胆嚢に加え、肝臓の一部、リンパ節をいっしょに切除します。
場合により胆管も切除することがあります。

■肝葉切除術
進行した癌に対しては広範囲な切除を行います。
胆嚢、胆管、肝臓の右葉、リンパ節郭清を行います。
肝門部胆管がん手術も積極的に行っています。

診療実績

胆のうがんに関する解説

独立行政法人国立がんセンターがん対策情報センターサイトをご確認ください。

がん相談支援室
さくらサロン
ページトップ